上田西の草海光貴投手の完封なるか!?作新学院戦の試合結果速報!

Sponsored Link

上田西高校対作新学院

今日の甲子園第三試合に登場する上田西高校の草海光貴投手

第一試合の宮崎日大戦では、2015年甲子園第一号の完封勝利を見せてくれました。

そんな(長野)上田西高校と(栃木)作新学院戦!果たして、2試合連続の完封勝利はなるんでしょうか。

試合結果速報をお届けします。

草海投手はまだ2年という事もあり、【日刊清宮のライバル】としてお届けさせていただきます。

清宮伝説、プレイボール!

作新学院-上田西試合結果速報

上田西高校対作新学院
上田西ー作新学院

おすすめ記事:
オコエ瑠偉の足は速い?50mタイムは何秒?両親はどこの人?

13時プレイボール予定

草海光貴投手

Sponsored Link

草海光貴投手

草に海とかいて、「くさがい」ってなかなか読めませんよね。

長野県の上田西高校の高校2年生

高校2年なので、今後清宮幸太郎と対戦することも出てくる投手ですね!

168センチ、62キロとかなり投手としては、小柄の選手です。

球速は、141キロで、スライダーを大きな武器としています。しかもキレがあります。

第一試合を見ていて、感じた方も多いかと思いますが、草海投手の投球のテンポとフォームがものすごくよかったですよね。

多分多くの方がそう思っていたと思います。

そして、ピッチャーとしてフィールディングもすばらしかったです。解説の方も終始、草海の守備を絶賛していましたね。

「直球の自己最速を初球で更新します」

そう宣言して、迎えた宮崎日大戦

宮崎日大の1番前田に投げた初球

143キロのストレート

宣言通りの投球で、自らリズムを作って、甲子園初勝利を完封勝利で飾った。

99球、無四球、完封勝利

「きょうはすごく良かった」

試合後、そう語る上田西の草海光貴投手が印象的でした。

作新学院戦に向けての上田西

前日練習では、作新学院の右投手を想定したシート打撃をし、作新学院戦に対して想定はばっちりだ。

「次も変わらず、打たせる投球をするだけ」

と草海投手は語った。

なぜ、打たせて取る投手なのか?

小柄で、どこと無く、ピッチャーとしてイメージにはあわない草海選手

その理由は、

彼は実は野手志望なのです。上田西の原監督に中学以来の投手への変更を勧められ、投手として、マウンドに立ったんです。

フィールデングとボール捌きが、セカンドのようだったのもうなづけますね!

そんな草海投手は、甲子園の初戦を終えて、投手として本気になってきたようです。

「打者に戻りたい。でも、投手もいいかなと思えた」

まとめ

Sponsored Link

今日も楽しんでいただき、ありがとうございます。

FBなどでシェアお願いします!


コメントを残す